MENU

龍崎飛鳥のハードプレー特集

  • URLをコピーしました!

作品詳細

タイトル
龍崎飛鳥のハードプレー特集
再生時間
120分
ジャンル
女王様

カリスマ的魅力を放つ龍崎飛鳥が彩る超ハードプレイ…貴方はどこまで耐えられるか?何故にそこまで、奴隷は身を捧げることが出来るのか?愛奴“マチャコ”の背に刻む焼きゴテの文字。その上から飛鳥の強烈な鞭が振り下ろされる。後日、背に残った文字痕を見ながらアナルやペニスを弄び、さらに唇を縫いつけて、皮膚が裂けんばかりに激しい鞭が舞う。

作品レビュー


  • 伝説のオンナノコ

    M男性のレビューが多いと思いますが、ここはS男性の視点を書いてみます。本作の売りは伝説のマゾオンナ(生物学的には♂)のマチャコの出演です。ゲテモノ扱いされるぐらいのハードMで体も痛々しい改造を施された受虐姿はSMスナイパーなどで有名。すごく美人なコですが、勃起した亀頭をローターで刺激されてたちまち白濁液ふきだしちゃうすごくいやらしいコです。彼女が焼きゴテで女王の名前を刻まれるシーンは肉が焦げて煙が上がっていて大迫力です。タマって新米奴隷のM男君は陰嚢切り裂き、睾丸の引き出し(失敗)、玉蹴り責め。最後に紀柳ちゃんって性転換途上のM男君。このコは言葉がハッキリしてなくてビデオ的には不満。胸にカッティングを施され、陰嚢切り裂き、睾丸引き出しての針刺し。次回作は是非、ほかの子は要らないからマチャコを単独でもっともっとハードに破壊して欲しいです。


  • ハードさは随一

    性転換云々…とのことの様ですが、基本的には男のどんな苦しみにも妥協しない超S女の刃物プレーが圧巻でした。最大の見どころは、大股開きで仰向けに拘束された男性の太ももの上に、白衣ではなく女王様ルックのS女の太腿を乗せて更に拘束した姿は、これから起こるM男の股間に施すプレーへの嗜虐性を高めていました。まず、袋の切開ですが、一気に切り開くのではなく、小さな切り口を作り、その切り口に、再び刃物を当てて、少しづつ切り開いていきます、その痛さは想像に余りあります最後は露出した玉々に何度も針を抜き差しします、女はその苦しみを楽しむかのように声を掛けてやっています。時折男の苦悶の表情が小さな枠の中に出てきますが、惜しむらくは、常時見せてほしかったですね。この点で限りなく5点に近い4点とします。


  • ハード

    ではありますが、おもっていたほどでもなく、映像もよくわかりませんでした。ただ、おみ足がみれたり、他作品ではなかなかみれないハード、マニアックなプレイをみることはできました。拷問っぽい内容がお好きな方はぜひ。女王様は容姿、雰囲気ともに素敵でした。


  • ハードレベルMAX

    色々ハードなMビデオを見てきましたが、見続けるのが辛くなるほどハードでした。切り裂かれて中を責められるというのはどれほどの苦痛なのでしょう。ここまでされる覚悟ができるMという業の深さが肩にズシリと乗ってきます。


  • ハード★

    内容はまさしくタイトルどうりハードプレーです。一生のこるであろう、M奴隷の刻印を刻まれる覚悟がなければこのプレーはでにません。私のようなにわか仕込みのM男には到底達することはでにません。女装マゾの方が陰部にピアスを付けていて興奮しました。

  • 作品画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次