MENU

夜行バスで声も出せずイカされた隙に生ハメされた女はスローピストンの痺れる快感に理性を失い中出しも拒めない9

  • URLをコピーしました!

作品詳細

タイトル
夜行バスで声も出せずイカされた隙に生ハメされた女はスローピストンの痺れる快感に理性を失い中出しも拒めない9
再生時間
239分
ジャンル
企画, 騎乗位, 尻フェチ, 中出し, ハイビジョン

消灯後の夜行バスで乗り合わせた女を狙って近づく男。眠りについたところで手を伸ばすと車内夜●いでねっとり感じさせ! 声も出せない、助けも呼べない状況で何度もイカセまくって容赦ない生挿入! 物音を立てないようにスローピストン! グリグリ膣奥を刺激される感覚に自我崩壊! 快感にイキ溺れたオマ○コにそのまま中出し。

作品レビュー


  • 良い

    1.約69分:あおいれな2.約54分:玉木くるみ3.約43分:尾上若葉4.約73分:宮沢ゆかりどの女優も良いが、他のレビューにもあるが『あおいれな』が抜きん出ている。


  • 巨乳ばかりの中で、ちっぱいは心のオアシスです。

    あおいれな版が見たくて、購入しちゃいました。やはり、ちっぱいのれなちゃんはいいですね。お尻も可愛いし、おしり周りが綺麗です。このシリーズはいいんですが、巨乳の出演者が多くてうんざりです。暗い状況なので、どうしてもおまた周り・おしり周りが脚光を浴びるので、その辺が綺麗な方を厳選して頂きたいと思います。二番目女子は、顔は可愛いのにおしり周りが汚くて閉口しました。三番目女子は、コメント出来ません。四番目女子は、アプローチを掛けられて不満顔爆発。バックを横に置いて防御策を講じますが、そんな事は物ともせずに目的に邁進。結局、狙われたらやられちゃいますね。そして、パンツを取られ、抵抗力大幅ダウン。この娘もちっぱいでいいですね。そして、挿入されたら快楽への道をまっしぐら。泣きながら、フェラチオさせられてました。しかし、快感は高まっていきます。そして、対面騎乗位で発射告知もせずフィニッシュを迎える。中々、良かったです。


  • 着衣ニット半脱がし

    最初の赤ニットの子がかわいくて、隣に来たら手を出したくなるのはよくわかるし、ベージュのノースリーブタートルニットの子もぽっちゃり目ですが、ノースリーブニットがおっぱいの柔らかさを強調してくれていい。


  • あおいれなが無惨に犯●れイカされまくるパートがシリーズ屈指の出来

    以前のシリーズ作品同様、夜行バスの車内で痴●されて絶頂し、正常位またはバックの後、座位で犯●れて中出しで終了という流れ。微乳2人と巨乳2人の構成だが、微乳2人のパートが素晴らしい。巨乳パートは快楽堕ちのキスが無いし、対面座位で巨乳に手をつけないなど、全体的に雑。じっくりと女体を●すような対面座位では、乳をベチョベチョに舐め吸いしたり、舌をねっとり絡め合ったりして、獲物の女を官能地獄に追い込んで欲しい。微乳パートでは、このようなシーンがきちんとある。あおいれなシリーズ屈指のベストパート。男の執拗な愛撫に敏感に反応して、エロいアヘ顏で喘ぎ悶えた末に、華奢な女体をビクンと痙攣させて絶頂するシーンが目白押しで、オカズに困らない。イカされた後、朦朧とした表情で息を切らせている姿も素晴らしい。おすすめは、M字開脚させられて指マンで絶頂するシーンと、ぷっくりとした乳輪と薄桃色のピン勃ち乳首をねっとりと舐られて喘ぐシーン、指マンに自ら腰を振って悶えまくって絶頂するシーン、正常位でイカされた後、舌を口内にねじ込まれてディープキスされるシーン(半堕ち感が良い)、背面座位で腰を前後に動かしまくって激しく絶頂するシーン、対面座位でじっくりと犯●れながら、尻肉を揉まれ、乳を舐め吸いされ、乳首を指で弄られ、自ら尻を揺り動かしながら、男と積極的に舌を絡め合う完堕ちのディープキスを見せるシーン、そのまま女体を貫かれる最中、男に尻肉を掴まれて肉棒を膣奥まで挿入れられる度、女体を小刻みに震わすシーン、腰をがっちりホールドされて、必死に拒むものの精液をドクドクと体内に注がれるシーンと、枚挙に暇がない。玉木くるみ巨乳ムッチリボディの女。座位で犯●れるシーンがエロい。尾上若葉同じく巨乳ムッチリボディ。特に見どころ無し。宮沢ゆかり痴●されて男に向ける敵意の目が素晴らしい。後々、無惨に犯●れてしまう姿への期待感が高まる。綺麗な微乳を舐め吸いされたり、M字開脚でクンニされたりする姿は眼福。対面座位で犯●れながら、乳を舐め吸いされたり、舌を絡め合っているうちに、自分で尻を動かし始めるシーンが堪らなくエロい。対面座位のシーンでは他にも、カラダを少し後ろに反らした状態で腰を振ったり、頭を引き寄せられて激しく舌を絡め合ったり、意外と豊かな尻肉をおっぱいのように揉まれまくったりと、抜きどころが多い。


  • サイレントを活かした演出

    最後の宮沢ゆかりさんの展開が良かったです。痴●行為に気が付いて、睨み返す程の芯の通ってそうな気丈さからの快楽落ちが官能的でした。ギャップがあればあるほど後半のキスベロや女性自らが猿の様に腰を振りまくる様がドスケベです。

  • 作品画像

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次