俘囚
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 俘囚(ふしゅう)

陸奥国出羽国蝦夷のうち、朝廷の支配に属するようになったもの。このうち隷属の度合いが低いものを夷俘(いふ)という。

※ 坂上田村麻呂の征服後、陸奥国には鎮守府がおかれた。岩手県秋田県蝦夷出身の安倍氏と清原氏に支配を任された。

この内の安倍氏が、中央から派遣された陸奥国司に起こした反乱を前九年の役と言う。

この戦いで安倍氏は滅んだ。その後清原氏が内紛をおこし、中央から派遣された陸奥守源義家(八幡太郎義家)が介入して清原氏が滅んだ。これを後三年の役と言う。

その後、安倍清原の血をひく藤原清衡がこの地を治めた。奥州藤原氏

※ これらの「安倍氏」と「清原氏」は「俘囚長」だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示