「犬伏」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 犬伏(いぬぶし): 栃木県佐野市犬伏

・ 古くは犬臥とも書いた。足尾山地の南縁に位置する。大部分は関東ローム層で覆われた犬伏台地で、台地の北辺を鷲川が東西に流れ、数条の開析谷が南東に走る。地名の由来は、山伏がヒヒを退治した際、連れていた犬が戦いで死んだので葬ったことによるとされる。【角川日本地名大辞典】

なお、栃木県佐野市のサイトをみると諸説あるようです。

■ 犬伏の別れ

時は、関ヶ原の戦いを間近に控えた1600年のある日。
徳川家康は上杉家討伐のために、諸大名を従えて、下野国小山に集結していた。
そして、信濃国上田の真田家の真田昌幸と信繁は上田から、そして信幸は上野国沼田から小山に駆けつけるべく集合したのが、下野国犬伏。さて、ここで集合写真を撮ったかは定かではない。
そのときに、上方で石田三成が蜂起したとの知らせが届く。
三人は犬伏の離れ家に閉じこもって長い密議をしたという。その密議の内容は「家康」と「三成」のどちらにつくかという話。信幸の正室は本多忠勝の娘、信繁の正室は石田三成と懇意の大谷吉継の娘。それから、昌幸の正室の妹は石田三成の正室。
三人はどちらにつくか、激しい議論を長時間行ったという。あまりに長引くので、家臣の河原綱家が様子をうかがいに行くと、昌幸は「誰も来るなと申したのに、なぜに来るのだ」と怒り、履いていた下駄を投げつけ、綱家の前歯がかけてしまったという。この内容は、綱家の子孫で信濃国松代藩の家老を務めた河原綱徳の覚え書き(綱徳日記)に記されているそうだ。
このとき、昌幸が綱家に、「ごめん、ごめん、早く歯医者に行って治療してきて貰え」と言ったかは定かではない。
しかし、結局、昌幸と信繁の親子は西軍につき、信幸が東軍についたのは歴史に記されている通り。まぁ、どっちが勝っても真田家は残るってことで。これを「犬伏の別れ」という。

【参考資料】
# 犬伏駅: 今は廃駅になった両毛線の駅だが、1日の乗降人数は10人ほどであったという。そのためか、後に廃駅となりそのホームは複線化の線路となったという。
※ さすが関東地方。両毛線って複線なんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示