「神流」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 神流(かんな): 群馬県多野郡神流町

・ これは見たことはあるが読めない。

・ 神流川(かんながわ): 髪長川(廻国雑記)・賀美野川(川越記)などとも書く。川名の由来は、カンナ=鉄穴(かんな)の意で、砂鉄の採集地に与えられた名であるという。また、伝承によると、日本武尊が上流で弟橘姫の遺髪を流したので、髪流川と呼ばれるようになったという。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示