「西広門田」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 西広門田(かわだ): 山梨県甲州市塩山西広門田

・ 塩山駅の南で、もともとの「かわだ」という地名の当て字らしい。なんで、漢字四文字で、読みが三音なんだって感じ。

・ 古くは川田・河田・広門田と書き、広は訓でカハラ、門田は和歌などでタと詠んだことから「かわだ」となったといわれる。

・ 西広門田(かわだ): 甲府盆地北東部、重(おも)川右岸の扇状地に位置し、地内中央部を塩川が南流する。難読地名の1つで、古くは川田・河田・広門田と書き、広は訓でカハラ、門田は和歌などでタと詠んだことから「かわだ」となったといわれる。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示