「宍粟」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 宍粟(しさわ): 岡山県総社市宍粟(しさわ)

・ 地名は、宍は「しし」で肉と同意義、粟は沢(多)が変化したものというが明らかでない。【角川日本地名大辞典】

・ 兵庫県宍粟市(しそうし): 古代の宍人部(ししひとべ)が管理する栗田。宍人とは肉を料理する膳夫のこと。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

・ 兵庫県宍粟市(しそうし): 古くは「しさは」と読み、「し(石)」+「さは(沢)」で、「石の多い川」という地名だそうだ。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示