「老神」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 老神(おいがみ): 群馬県沼田市利根町老神

・ 老神(おいがみ): 地名の由来については、赤城神と二荒神が男体山麓で戦った際、敗れた赤城神が当地に追われてきたので追神と称されるようになったとも、永禄年間頃沼田城主夫人が追神の湯に入り追神を自分の老いるのとかけて老が身としてから老神になったとも、赤城神が弓先で岩を突いたら湯が出たことから湯の神と呼ばれたのが訛ったとも、お湯の上(かみ)の村が転じたともいう。赤城神の傷を洗った所を赤沢といい、この沢の水はいつも赤い色をしている。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示