「御手水」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 御手水(おちょうず): 長崎県諫早市御手水町。長崎県島原市御手水町。

・ 御手水村(おちょうずむら): 福岡県京都郡みやこ町勝山松田御手水。地名の由来は「村内に名水あり、景行天皇行宮近キ地ナレバ、此水ヲ御手水ニモ物シ賜ヒシヨリノ名ナルベシ」(豊前志)とか、また「往古大原足尼命ニ……此水ヲ献ス。依テ御手水ノ井ト云。後世因テ名トナル」などの説がある。しかし清水をいうショウズに上記の伝説が付会され、その頭に「御」がついたものにすぎない。なお、京都郡内には中黒田の御清水(おしようず)、障子ケ岳のショウズなど十数か所の小字がある。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示