「鼠谷」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鼠谷(よめだん): 富山県富山市

・ かつて、野ねずみが多く、「ねずみだに」と呼ばれていた。鼠の祟りをおそれた村人は「ネズミ様」と呼ぶようになり、「鼠」という字を、語感の良い「ヨメ(嫁)」と読み替えて、「よめだん」と読んだ。

※ 「鼠」という字を、語感の良い「ヨメ(嫁)」と読み替えて > この部分、私も理解不能。

・ 鼠谷(よめだに):  富山県富山市八尾町鼠谷。仁歩(にんぶ)川上流右岸に位置。寛永年間の「村名仮名付帳」には「ねずみたに」とあり、村の伝承では大きな野鼠が多発して害を与えたため、鼠に優しい嫁という呼び名をつけ、その害を防いだ。そのため地名が「よめだに」と変わったという。なお、八尾(やつお)町一帯では現在も鼠を嫁と呼ぶ風習が残る。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示