「槻木」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 槻木(つきのき): 宮城県柴田郡柴田町槻木町

・ むかし、このあたりに槻(ケヤキの古名)があったことに由来する。

・ 槻木(つきのき): 宮城県。地名の由来は、往古この地の南方、満蔵院の門前に槻(つき)(けやき)の大木があったことによる。康平年間、前九年の役の折安倍頼時と対戦した源頼義・義家父子はこの槻木の梢に白幡を立て、士気を鼓舞したことから同寺を白幡寺といい、この地を白幡(しらはた)と称するに至ったと伝える。【角川日本地名大辞典】

・ 古くは槻の大樹があり、神木としてあがめた。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示