「木更津」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 木更津(きさらづ): 千葉県木更津市

・ 古事記によると、日本武尊の船が嵐で遭難しそうになり、そこで妻の弟橘媛(おとたちばなひめ)が船から身を投げて神の怒りを鎮めた。悲しんだ日本武尊はしばしその地を離れなかったことから、「君(日本武尊)」が「去らず」から「君さらず」→「きさらず」となった。

・  「きさ」+「ら(接頭語)」+「つ(津)」という地名で、「きさ」は「浸食されやすい海岸」を言ったものか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示