「鉄輪」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鉄輪(かんなわ): 大分県別府市

・ かつて、杵築に住む「生地の玄番(げんば)」と言う豪族に由来する。彼は温泉が好きで1日1回は必ず入湯していた。その際には、大きな鉄棒を杖代わりに持ち歩いていたが、ある日、彼が入湯中に通りがかった源為朝(ためとも)が、悪ふざけで鉄棒を地中に埋めてしまった。湯から上がった玄番は、鉄棒がないのに気づいて探したものの、なかなか見つからず、夕方になってようやく鉄棒をみつける。そして、「これは為朝のしわざに違いない」と、大いに腹を立てて鉄棒を引き抜いたところ、抜け穴から新しい湯が噴き出した。これが由来といわれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示