「戸来」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 戸来(へらい): 青森県三戸郡新郷村戸来

・ 戸来(へらい): 青森県三戸郡新郷村戸来。地名の由来は不詳であるが、言語学的に「へ」は川を意味する瀬、「ライ」は生産地を意味するナイの変化ともいうから、川沿いに開かれた生産地帯の意であろうか。戸来の字名はなく、字金ケ沢が中心集落である。地内の五戸川に臨む左岸の台地端には戸来館跡があり、戸来氏が戦国期より居館し、五戸川上流をおさえていた。戸来氏は江戸期に入ると盛岡城下へ移住するが、同館はそのまま同氏の知行地の居屋敷として利用された。【角川日本地名大辞典】

・ @五戸川上流の五戸来のこと。「らい(来)」は「内」で「川内」のこと。A「戸」とは家屋のことで、戸来は「へき」「とらい」とも読み、開拓民がたてた家を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示