「米内」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 米内(よない): 岩手県盛岡市

・ 中津川の支流の米内川流域にひらけた谷に位置する。地名の由来については、アイヌ語で「そこに熊が出る沢」の意という説がある。

・ アイヌ語の「ヨプナイ」を語源とし、「首長集落の沢」を意味する。

・ 戦国武士米内氏の本拠地。岩手郡のうち。米内氏は一方井氏の支族。秋田安東氏さらには安倍貞任の系譜に連なるという。米内氏の始祖、左近安政は一方井禅門の弟。天文永禄の頃の人か。丹後守政成は南部信直の弟。右近正吉は南部利直に仕えた。米内館は上米内畑井野にある。米内川に面した丘陵の先端。【角川日本地名大辞典】

# 米内(よない): アイヌ語には複数を表す形が動詞にある。たとえば、「居る」場合には「オ」、「沢山居る」場合には「オッ」。
・ イオナイ: 「イ」+「オ」+「ナイ」 = 「あれ」+「居る」+「沢」。「あれが居る沢」。「あれ」と代名詞を使うのは実際の言葉を忌み嫌っている。
・ 「イオナイ」が転じて「ヨナイ」となった。ではさて「あれ」とは何か?金田一京助センセによると「あれ」とは「蛇」のことで、「ヨナイ(米内)」とは「蛇のいる沢」のことらしい。
【古代蝦夷(えみし)とアイヌ 金田一京助】

■ 「米内」の名字の由来

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示