「鬼無」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鬼無(きなし): 香川県高松市鬼無町(きなしちょう)

 桃太郎が鬼ヶ島に鬼退治に行き、逃げ延びた鬼をこの地で征伐したので鬼がいなくなった。この地はかつては毛無(けなし)と書いた。毛無とは木無で、木が生えていないこと。

# もとは上笠居村字鬼無。旧上笠居村の南端に位置する。寛永10年讃岐国絵図には「毛無」と見え、その由来は毛の木の意であるから木生(きなし)、鬼無は後世の当て字であろう。城生(きなし)の意ならば、城砦の地ということになろうとある。また「南海治乱記」に悪鬼が出て人民を悩ましたので、笠居八幡大神がこれを退治し、その後当地には鬼が出なくなり、鬼無と称され、香西資忠夫人が崇敬したとあるが、これを伝え誤った(古今讃岐名勝図絵)ともある。「南海通記」には「鬼無村」と見える。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示