「喜連川」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 喜連川(きつれがわ): 栃木県喜連川町

# もとは「狐川」で、慶事をもたらすとして、「喜連川」に転字。

# 喜連川(きつれがわ): 栃木県さくら市喜連川。地名の由来は、古名を狐川と称し、狐川が喜連川と書くようになったという。

# 喜連川: 鎌倉時代から下野国塩谷郡にみられた地名。喜連河・喜烈川・狐川・狐河とも見える。

# 天正18年豊臣秀吉は、小田原北条氏没落後、古河公方足利義氏の息女と結婚した足利国朝に古河公方足利家を継がせ、喜連川へ封じた。【角川日本地名大辞典】

# 「くずれがは」の転で、「浸食の激しい川」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示