「鳥栖」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 鳥栖(とす): 佐賀県鳥栖市

・ 栖とは、「すみか」とか「ねぐら」を意味する。つまり、鳥栖は鳥のすみか。四世紀末の頃、この地の豪族が様々な珍しい鳥を捕まえて、天皇に献上した。その、鳥小屋が置かれていた場所で、「鳥屋(とや)」と呼ばれていたものが「鳥巣(とす)」と呼ぶようになった。その後、鳥巣と言う呼ばれ方は使われなくなったが、大正になって鳥栖としてよみがえった。

・ 「と(高くなった所)」+「す(砂)」で、「自然堤防」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 「と(鳥)」+「す(巣)」。応神天皇の時代に鳥屋がおかれ様々な鳥を飼育していた。当初は「鳥巣」と書いたが「鳥栖」に転じた。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示