「田老」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 田老(たろう): 岩手県宮古市(旧下閉伊郡田老町)

・ 地名伝説によると、田老は昔からなんども津波の被害を受けた。津波の恐ろしさを知る老人は津波が来る前に高台に逃げたが、若者達は高をくくって逃げずに津波にのまれた。そして、村は「老人だけになった」。多老→田老。

・ 田老(たろう): 岩手県宮古市田老。地名の由来は、小平地を表わす平(たいら)が変化したものという。
※ 小平地といえば、太郎という地名も同じ意味のようですから、「平」>「太郎」「田老」と転字したのでしょうね。

・ 「たら(崖・急傾斜地)」+「ふ(〜になった所)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 古い田ではなく、「小平地」のこと。太郎と同義。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示