「諏訪」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 諏訪(すわ): 長野県諏訪市

・ 昔、朝廷は諏訪神社の建御名方神(たけみなかたのかみ)の神威を恐れて諏訪神領の自治を認めていた。そのため諏訪氏は一つの独立国のように振る舞えた。

・ 諏訪の地名の由来は、長野県の方言の「すわ」に由来し、「すわ」とは、谷や湿地のこと。

・ 古事記では「洲羽」との地名で出てくる。「すわ」に「諏訪」をあてたのは意外に新しく、江戸時代末期。古事記(洲秩j、続日本紀(諏方)、その他「須波」「須芳」とも書いた。

・ 信濃国諏訪郡など。

・ 「スワ」は「サワ」と同義語で、山から流出する川の水が山地や盆地を潤して湿地や湖を形成している様子を表す。

・ 「諏訪」は「沢」から転じた。山菜や川魚の恵みをもたらす沢の神が諏訪の神で縄文時代に始まる。

・ 諏訪は「スハ」という。古代語の母音は発声方法が現在と違い、「は」は唇を合わせて発音した。つまり「は=ほぁ」となり、諏訪は「すほぁ」と発音された。この「すほぁ」の発音は、諏訪大社の建御名方神に縁のある周防(すおう、すは)と通じる。また古代朝鮮では首都のことを「そほり(金城=ソウル)」と言った。最後の「ラ行」は脱落する傾向があり「そほり=そほ」が転訛して「すほ」から「すわ」になったとも言う。諏訪は古事記では「州羽」、続日本紀では「諏方」と書いた。他にも「須波」「須芳」などの表記もある。「州」と「須」はほぼ同義で「砂浜」のこと。中世から近世では「諏方」が主に使われたが、天保5年(1834年)に高島藩が「諏訪」と書くように藩命を出した。【長野「地理・地名・地図」の謎 実業之日本社】

・ 「す(砂)」+「わ(端)」で、「砂地の湖岸」という説も考えられる。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示