「醒井」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 醒井(さめがい): 滋賀県米原市醒井

・ 醒井という清泉による地名で、この泉には、日本武尊が大蛇の毒による熱をさますため弓弭で地を穿って得た居寤清泉(いさめのしみず)であるとか、延喜末頃、修行にきた大徳仲算が山の端を剣で切りひらいてこの清水を湧出させたなどの伝説があり、美濃の養老の滝よりくぐり出て京三条の柳水となると言い伝えられていた。【角川日本地名大辞典】

・ 醒井(さめがい): 醒井は水の町で、「西行水(さいぎょうすい)」「十王水(じゅうおうすい)」「居醒の清水」を合わせて「醒井三水」という。居醒の清水は醒井の名の語源となり、伊吹山の大蛇(一説には白猪)退治で遭難しかかった日本武尊がこの清水で熱を冷まして、気分を回復したという伝説がある。【歩いて旅する中山道 山と溪谷社】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示