「小松」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小松(こまつ): 石川県小松市

・  花山法皇が北国に巡幸され、現在の小松市園町付近に別荘を造り、その周辺に花園を設け、数多くの小松が植えられ、法皇が今江に移った以後、花園は荒れはて小松だけが生い茂る地となり、「園の小松原」と呼ばれ、さらに単に小松と呼ばれたという説や、当地が平安末期に平重盛(小松内大臣)の所領であったことによるとの説がある。【角川日本地名大辞典】

・ 石川県。松林を言う「小松原」に因むものか。諸説あるが、いずれも伝説の域をでない。瑞祥地名の可能性もある。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 花山法皇が北陸巡幸の際に、この地に松を植えたことから「小松」と呼ばれるようになったという。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示