「小牛田」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小牛田(こごた): 宮城県大崎市田尻小牛田

・ 地名の由来としては、奈良期の小田郡の一部という意味で、小小田(こごだ)と呼ばれたのが、古代牛飼(うしかい)の地名と訛って小牛田となったとする説と、田尻町小塩と小牛田町牛飼の間の谷地が開墾によって田地となったことにちなむという説などがある。【角川日本地名大辞典】

・ 「小田郷」と「牛甘(うしかい)郷」が合併したときの合成地名。また小田郷から分村した小小田から転訛したという説もある。

・ 「こ(接頭語)」+「かは(川)」+「た(場所を示す接尾語)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 古牛田の換え字。牛には「おん」の転である「押し」の意味があり、土地が押し出されたことを示す。「ご」は音読み。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示