「一戸」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 一戸(いちのへ): 岩手県二戸郡一戸町

・ 平安時代に京に住んで戸籍を有する人を京戸(きょうこ)といった。京戸は京に敷地を与えられたが、その広さは条坊制による「一町の三二分の一」でこの単位を「一戸主(いちへぬし)」といい、約300平方メートルと言われた。これに由来するものと思われる。

・ 一戸町のホームページによると、一戸の由来は諸説ありますが、平安末期から名馬の産地として名が知られ、その牧場を一から九の戸に分けられたことからといわれています。※言っていることはわかるが、この場合の「戸」ってなんだ?

・ 青森県の一戸〜九戸は陸奥国糠部郡(ぬかのぶぐん)。平安時代の糠部郡は人口が少ない原野だった。そこで朝廷は開墾せず、牧場として使った。こうして九カ所の牧場が作られた。戸は山間部にぽっかりあいた盆地を意味する。また、家の集まっている集落も戸とよんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示