「四軒在家」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 四軒在家(しけんざいけ): 埼玉県児玉郡神川町四軒在家(しけんざいけ)

・ 在家は在家信者の在家で、在家の反対は出家。つまり四軒の在家信者の家があったということなんでしょうかねぇ。

# 他の「在家」の意味: 「在家」とは「在家信者」の「在家」では無く、「領主が年貢を賦課する時の単位」を意味する。中世、荘園・公領で、農民と耕地とを一体のものとして賦課の対象としたもの。東国や九州に多くみられる。

# 四軒在家村: 江戸時代から明治時代半ばにかけて上野国新田郡にあった村名。現在の群馬県太田市付近。寛文10年に幕府の代官の岡上景能が笠懸野の開発を行い、村田村地内にはじめ四軒在家新田として成立し、天保年間までに正式に分村した。【角川日本地名大辞典】
・ 四軒在家(しけんざいけ): 大間々扇状地上の軽鬆土地帯に位置する。地名の由来については昔四軒の家があったことにちなむとの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

# 四軒在家村: 江戸時代から明治時代半ばにかけて武蔵国賀美郡にあった村名。
初見は慶長9年6月5日および同月11日の検地帳に「賀美郡安保領四軒在家村」と見える。【角川日本地名大辞典】

# 四軒在家(しけんざいけ): 埼玉県児玉郡神川町四軒在家。四間在家とも書き、長浜郷に属し、伊藤信祐が開発したと伝えられる。【角川日本地名大辞典】

# 在家

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示