「稲毛」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 稲毛(いなげ): 

# 千葉県千葉市稲毛区。黒砂に小字「いなぎだえ」があり、古代の稲置の所在との関係があると言われる。

# 下総台地西端、袖ケ浦沿岸の低平地に位置する。地名の由来は、黒砂に小字「いなぎだえ」があり、古代の稲置の所在との関係が推定される(千葉市の町名考)。【角川日本地名大辞典】

# 旧武蔵国。今の神奈川県川崎市。
・ 稲毛郷: 平安時代末期にみられた郷名。武蔵国橘樹(たちばな)郡稲毛本荘。
・ 稲毛荘: 平安時代末期から戦国時代にかけてみられた荘園名。

# 「いな(砂)」+「げ(接尾語)」か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
※ 「毛」は「禾」で食料を意味し、「稲」と重ねて強調しているという説はどうでしょう?

# 千葉県。稲毛の「毛」は、穀物のことで、「稲」と同義語。つまり「稲+稲」の重複地名。稲作地帯であることを示すか?【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■  「稲毛」の名字の由来

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示