「諫早」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 諫早(いさはや): 長崎県諫早市

・ かつては「伊佐早」と呼ばれていたが、龍造寺氏が領主のとき諫早姓を名乗り、地名となった。

・ 中世には「いさはい」の読みもある。地名の由来については、「宇佐大鏡」に伊佐早村、中世には伊佐早荘と見え、江戸期に佐賀藩諫早領2代領主諫早直孝が元和年間に嘉字に改めて諫早としたという。しかし、周辺部では寛永年間頃まで伊佐早荘と慣用した例がある。【角川日本地名大辞典】

・ 「いさ(石の転)」+「はや(急傾斜地)」で、「石の多い急傾斜地」のことか。または「いさ」は「砂地」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示