「氷見」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 氷見(ひみ): 富山県氷見市

・ 富山県氷見はもともと「火見」だが、火事を思い浮かべる字面をきらって変えた。

・ 諸説あって不詳。「ひ(隙間・ヒマのヒ)」+「み(接尾語)」で、布施の海(古代の潟湖)の砂州の切れ目。「湾入」そのものをいったものか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 「万葉集」には「比美之江」とある。語源については越後の「えぞ」に対する烽火がここにおかれたことによるという説がある。また、山梨県八ヶ岳南麓の、もと逸見(へんみ)郷は、「倭名抄」に「速見(へみ)」とあり、速(はや)を「へ」と読んでいることから、氷見は射水と同義語で、「ひみ」は「へみ」が訛ったもので、「急斜面」を流れる川は速いことから来たともいう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示