「富士山」の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 富士山(ふじさん)

・ 「富士山」の地名は「くし山」に由来する。「くし」とは「奇(くし)」とも書き、強い呪力(じゅりょく)を持つ有り様を指す。神が不思議をあらわすさまを「奇魂(くしみたま)」と言う。
日本には、古くから「神の宿る山」をあらわす「ふじ」の地名が多くあった。しかし、日本一の山である富士山の事が知れ渡ると、各地の「ふじ」の山は名前を変えた。万葉集では富士山は「不尽(ふじ)の山」と記されている。

・ 駿河国の福慈(ふじ)の岳(やま)と書いた。

・ 常陸国風土記では富士山は福慈岳(ふじのたけ)と書いた。

# それと地名伝説でうろ覚えですが、富士山の神様と筑波山の神様は兄弟だそうで、あるとき、母親が訪ねてきたときに、富士の神は邪険に扱ったが、筑波の神はもてなしたそうだ。そのため、富士山は罰として年中雪をかぶり人が寄りつかないようになり、筑波には人が訪れ賑わったという話も。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示