「富津」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 富津(ふっつ): 千葉県富津市

# 以下の4つの説がある。【富津市のサイトより】

・ 古津(ふるつ)に由来し、古い港という意味。中世の文書にある「ふんと」もこの意といわれています。

・ 「ほとに由来し、「ほと」は、古語で突き出た所のことで、富津岬の地形から考えられたといわれています。

・ 布流津(ふるつ)に由来し、日本武尊と弟橘姫(おとたちばなひめ)の伝説に由来しているといわれています。媛の衣が流れ着いたという説もあり、布引海岸(ぬのびきかいがん)の地名もあります。

・ 「ふつ」に由来し、刀を振ったときに発する音で、富津岬を刀と見て、霊力と結びつけたものといわれています。

# 中世の「古戸(ふんと)」の転と言われるが不明。「ふ」は「高くなった所」の意味か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示