「保土ケ谷」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 保土ヶ谷(ほどがや)

神奈川県横浜市に「保土ヶ谷」という地名があり駅名もあるはずだ。ものの本によると、そもそも保土ヶ谷は東海道の宿場町として成立したが、日本橋から32Kmと中途半端な地点(昔の人は1日に40Km歩いたので、泊まるには早すぎる)にあったので、客の引き留めに苦心したそうだ。そこで、旅籠では留女(とめおんな)という旅籠の客引き女中で客引きをおこなった。

それとは直接関係は無いのだろうが、この保土ヶ谷という地名の由来だが、もともと「ほと」とは女性の性器をあらわう言葉で古事記にもかかれているらしい。つまり「保土ヶ谷」とは「女性器」の形をした谷の意味から来ており、「ほと(字は違う場合がある、例えば程など)」のついた地名はここ以外にも全国にあるらしい。

※ ほんとに、人名や地名の勉強をすると商いです。間違い、飽きないです。

・ 「ほど」は「ほと」と同じで女陰のことで、見立てによる地名ともいう。又は、「ほどく」と関係して「崩壊地形」か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 「保土(ほと)」は保戸、程、程度とも書く。「古事記」にも書かれているほどの古い言葉で、女性器のことをいい、この谷がそういう形をしていることに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示