「三角」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 三角(みすみ): 熊本県宇城市三角町

・ 天皇の還暦にちなんで、この地を御門と呼び、これが転訛して「三角」になった。

・ ここの地形が動物の爪の形に似ていることから。

・ このあたりの大蛇が住む山を「蛇」→「巳」→「三」。また「棲み」→「角」に由来する。

・ 「み(水)」+「すみ(隅)」で、「海が曲がり角のようになった所」のことか。あるいは、「み(接頭語)」+「すみ(隅)」で、「半島の端」の意味か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 「みすみ」は、宇土半島の隅(先端)の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示