「春日部」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 春日部(かすかべ): 埼玉県春日部市

・ 埼玉県春日部市は江戸時代以降には粕壁と言われ、昭和の始めに粕壁から春日部に変更した。しかし、昔このあたりには春日部氏という豪族がいた。

・ 春日部(かすかべ): 埼玉県春日部市。旧武蔵国。糟壁・粕壁とも書く。県東部、大落古利根(おおおとしふるとね)川に沿って発達した自然堤防上に位置する。地名の由来は4世紀頃、安閑天皇の時に設けられた屯倉で御名代部であったことによる。【角川日本地名大辞典】

・ 春日部郷: 鎌倉期から見える郷名。鎌倉期から南北朝期にかけて春日部氏の支配。

・ 安閑天皇の御名代部に因むというが不詳。あるいは、「かす(やせ地)」+「かべ(崖)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 6世紀の中頃、安閑天皇の后であった春日山田皇后の御名代部であったことに由来する。

# 春日部市粕壁(東武伊勢ア線の春日部駅がある)
・ 明治22年(1889年)の町村制では、埼玉県南埼玉郡粕壁町を称す。昭和19年(1944年)に隣の内牧村と合併した時に春日部町となった。
・ 粕壁は文化文政時代(1804〜30)には、家数880、毎月四と九の日に開かれる六斎市(月に6回開催)で賑わった。
・ 鎌倉時代には春日部郷といった。春日部は粕壁よりも、やや広域。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示