「学」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 学(がく): 徳島県吉野川市川島町学(がく)

・ この地が忌部氏の本拠地で、忌部氏が教育のために設置した学校に由来すると言われる。

・ 地名の由来については諸説がある。「川島町誌稿本」によれば、善勝寺縁起に、悲大寺という寺があり、某帝がこの地に巡幸のみぎり、寺の上に紫雲がたなびき、妙なる楽の音が聞こえたことから楽村と呼び、のち同音の学の字をあてたとあり、また昔字唐戸に了慶寺という寺があり、住職が住民に学問を教えたため,人々は学に行くというようになったからという。しかし定説としては上古阿波国の国学が置かれたからという。【角川日本地名大辞典】

・ JR四国の徳島県吉野川市川島町学字吉本に学駅(がくえき)がある。

・ 諸説あるが、「学」は「がけ(崖)」に通じると思われる。学地区の南には崖状の地形がある。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示