「不入斗」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 不入斗(いりやまず): 千葉県市原市不入斗。千葉県富津市不入斗。

・ 不入斗(いりやまず): 入不斗・不読入とも書いた。地名の由来について、斗・計等のかぞえるの意をとって、かぞえあげるほどにもない不毛の地とする説、またかつて貢租対象とならなかった地とする説もある。「新編相模」には「不入の地にして、往古国守を置れし頃、其貢税を免除せられし義なり」とあるが、浸食谷の発達した台地に存在する当村の立地からすれば、入山瀬の転訛で渓口を意味する地名であるとする説が妥当ともされている。【角川日本地名大辞典】
・ 不入斗(いりやまず): 不入続とも書く。東京湾に注ぐ養老川下流左岸の沖積平野西端に位置する。地名の由来は、不輸の地で米を斗(量)らずともよかったことによると伝えるが、入山瀬の転で谷の入口の意とも考えられる。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示