「水戸」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 水戸(みと): 茨城県水戸市

・ 水戸は水の出口。水の出口を守っていた司を水戸(もとりべ)と言った。水部も同じ。水口も同じ。

# 水戸(みと): 茨城県水戸市
古代から海や川の水の出入口は「みと」または「みなと」と呼ばれていました。水戸の場合も、那珂川と千波湖との間に突き出した台地の先端が「みと」と呼ばれたのは、その地形上の特色に基づくものといえます。また「水戸」という地名になったのは、いつごろか明らかではありませんが、吉田薬王院文書(応永年間のものと推定、西暦1400年ごろ)に現れたのが早い例とされています。 【水戸市のサイトより】

# 「み(水)」+「と(処)」で、「水辺」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

# 水戸は「水門」のこと。那珂川を堰き止めて水田を作ったことを示す集落名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示