「盛岡」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 盛岡(もりおか): 岩手県盛岡市

・ 盛岡城はかつては、不来方城(こずかたじょう)と言われた。このあたりは、平安時代には朝廷の勢力の北限だった。そのため、陸奥国府の人達が、このあたりを「誰も来ないような僻地」と言う意味で「不来方」と呼んだ。

・ 不来方: 前九年の役の後、勝者の清原武則の甥の込志方(こじかた)太郎頼貞がこの地に城を築いたのに由来する。

・ 江戸時代に南部十万国の藩主となった南部利直は、今の盛岡の地に本拠地をおくに当たって、不来方は縁起が良くないとして、「城があった小高い岡に木が生い茂っていた」ことをみて、「森岡」と名付けた。そして、「森」と同音で、「さかえる」と言う意味の「盛」に変えた。

・ かつては「森が岡」と呼ばれ、神を祀る岡に由来する。

# 岩手県盛岡市。昔は「不来方(こずかた)」や「古志方」と呼ばれ、その後は「森ヶ岡」から「森岡」と呼ばれた。南部藩主が、「盛り上がり、栄える岡」という意味をこめて「盛岡」とした。また「杜の多い岡」を由来とするという説もある。【岩手県庁のサイトより】

# 「もり+をか」で「高くなった所」をいう地名かとも思われるが、記録によると、慶長年間に「不来方(こずかた)」から改称した瑞祥地名という。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

# 古くは「不来方(こずかた)」といった。文禄2年(1593年)に、「地元が盛んになる岡」の願いをかけて盛岡へ。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示