「米子」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 米子(よなご): 鳥取県米子市

・  中心の米子はもと加茂と呼ばれる小漁村で、中世には伯耆守護山名氏の支配を受けた東の尾高城下が中心だった。米子の地名の由来は諸説あり、昔浜ノ目粟島の郷に住む長者が88歳で初めて子供ができ、子孫が栄えたために「八十八の子」の意味で米子と称したとか、また加茂神社の境内の「よなご井」にちなむとか、稲が良く実る「米生(よなおう)の里」の意とか、「米(よな)の郷」から「よなご」となったなどの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

・ 「よな」は砂地のことか。「こ」は「場所を示す接尾語」であろう。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 旧名を「加茂」と呼び、山名氏の時代には「久米」と呼んだ。尼子氏がここに城を築いたときに、「久米」の「米」と、「尼子」の「子」をとって「米子」とした。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示