「食べ物」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小豆(あず、あずき) → 詳細

■ 伊豆(いず) → 詳細

■ 覆盆子: 岩手県西磐井郡平泉町長島覆盆子(いちご)

■ 覆盆子原: 宮城県伊具郡丸森町覆盆子原(いちごはら)。「覆盆子」とは「枕の草子」に出てくる「きいちご」のこと。この果実、実がとれたあとのくぼみを逆さにすると「お盆」に見えたことに由来し、そのため「覆盆子」は「いちご」と読まれるようになった。

■ 覆盆子村(いちごむら): 江戸時代初期に伊勢国渡会郡にみられた村名。「いちうご」とも呼び、一宇郷とも書いた。宇治の人々は、当地を山内(やもち)谷・矢持と呼んだ。横輪川最上流域、前山南麓の山間地に位置する。地名の由来は、「其地山谷ニシテ覆盆子連薬等ノ草ヲ多ク産セルカ故ノ称」という。【角川日本地名大辞典】

■ 酒匂(さかわ): 神奈川県小田原市酒匂
・ 酒勾とも書く。地名の由来について「新編相模」によれば、神酒を酒匂川に注いだところ酒の匂いがしばし止まなかったことによるとの伝えは勾の字を匂に誤まったもので、川の逆流による逆川(さかわ)にちなむとの説と、勾の字義から水岸の曲折にちなむ「さかわだ」の下略とする説とがある。【角川日本地名大辞典】

■ 塩入(しおいり): 宮城県。桃生(ものう)丘陵中央の大塩丘陵のくびれ部分に位置し、江合川の旧流路に東面する。地名の由来は、往古字畠中の大井戸に潮が干満していたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 塩川(しおかわ): 福島県喜多方市塩川町。塩河とも書いた。地名の由来は、かつて当地の南西部から潮が湧き、流れて日橋川に入ったことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 生麦(なまむぎ): 神奈川県横浜市鶴見区生麦。地名の由来は、もとは貴志村と称し、岸村とも書いたが、徳川家康の関東入国の頃生麦を刈って街道を開いたため生麦と称すると伝承する。【角川日本地名大辞典】

■ 飯能(はんのう): 埼玉県飯能市。
・ 地名の由来は不詳。武蔵七党丹党の1人が当地に居住し、判乃氏と称した。【角川日本地名大辞典】
・ 「は(端)」+「の(野)」が転じた地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 「埼玉県地名辞典 韮塚一三郎著 関東図書」には以下のように書いてある。
・ 武蔵七党の丹党の判乃氏はこの地の出ということで、鎌倉時代には「判乃」という地名だった。
・ 「判乃」の意味は不明。
・ 「入間郡誌」「飯能郷土史」は「榛野」あるいは「萩野」説があるといい、どちらかというと「榛野」説が自然。
・ 中島利一郎氏は、朝鮮語の「はんなーら」あるいは「はんない」から出ていて、「大部落」「大」、または「大野」「大川」のいずれかという。
・ 河口彗海氏は、チベット語からこれを解釈して「飯能」は古代からの都市で、「飯の集合所」であったから「聚能(はんのう)」と名付けた。ただし、チベット人がここに住んだという記録はないので承服しがたい。ただ、朝鮮語説はこの地方に高麗人の移住もあったから注目すべき。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示