「六合」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 六合村(くにむら): かつて群馬県にみられた村名。群馬県吾妻郡中之条町。入山・小雨・生須(なます)・日影・赤岩・太子(おおし)の6大字を編成。役場を小雨に設置。村名は6か村を合わせたことにより、これを「くに」と読むのは「古事記」や「日本書紀」で六合を「くに」と読んでいることによる。【角川日本地名大辞典】
・ 六つの大字が合併し、「日本書紀」にちなんで「くに」と読んだ。
・ 「小雨」「生須」「入山」「太子」「日影」「赤岩」「前口」「草津」の八集落が合併して1889年に草津村が誕生した。その後、「草津」と「前口」は草津村から離れて「草津町」を作った。残った六つの集落(字)が「六合村」を作った。

■ 六合村(ろくごうむら): 明治から昭和にかけて千葉県印旛郡にあった村名。千葉県印西市。瀬戸・山田・平賀・吉高・萩原・松虫の6か村が合併して成立したことに由来する。

■ 六合村(ろくごうむら):  明治から大正にかけて静岡県駿東郡にあった村名。静岡県駿東郡小山町。相模(さがみ)湾に注ぐ酒匂川支流鮎沢川流域に位置する。生土(いきど)・小山(おやま)・中島・柳島・藤曲・湯船の6か村が合併して成立したことに由来する。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示