「かの・かのう」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「かのう」の名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※ 「かの」「かのう」系の名字には大きく分けて「焼き畑」と「追加開墾を認められた加納田」の二つの由来がある。もちろん、それらがすべてではありませんよ。

※ 「加納」地名は、租税を納めずに、国使の立ち入りを禁止する権利をもつ荘園に付属して、同様な権利を持つ土地。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

■ 鹿野(かの): 旧能登国鹿野村。叶・狩野とも書く。

■ 鹿野(かの): 山口県周南市大道理鹿野地。古くは、賀野や牧ノ里とも書いた。

■ 狩野(かのう): 旧伊豆国狩野荘(静岡県伊豆市)。古くは枯野と書き、狩野となった。

■ 加納(かのう): 埼玉県桶川市加納。加納は、荘園の追加開墾地を意味する。本納に対して使われた。加納=別所
・ 加納新田の略で、荘園の追加開墾地に由来する。別所も同じ意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 加納(かのう): 岐阜県大垣市加納。揖斐(いび)川下流右岸に位置する。地名の由来は荘園の加納(追加開墾地)による。【角川日本地名大辞典】

■ 和(かのう): 長野県東御市和(かのう)。千曲川支流金原川・成沢川中流域に位置する。地名の由来は、合併各村が和をもって納まるようにとの当時の区長・戸長の提案による。明治9年から昭和31年までは、「和村」。

■ 叶(かのう): 鳥取県鳥取市叶。

■ 鹿子木荘(かのこぎそう):  熊本県熊本市北区鹿子木町(かのこぎまち)。平安時代末期から戦国時代にかけて肥後国飽田郡にみられた荘園名。現在の熊本市鹿子木を遺称地とし、旧北部町のほぼ全域、熊本市の北部、菊池郡西合志町の南部を含む一帯で、東荘は坪井川流域、西荘は井芹川流域と推定されている。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示