名字と地名のワンポイント
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 「羽柴」を名乗った大名たち

■ 日本一・世界一

■ 「市」+「町」+「村」

■ 漢字カタカナ交じりの名字

■ 名前の表記

■ 名字が増える場合減る場合

■ 名字の変更が可能な場合

■ 名字の法律の歴史

■ 名字ランキング

■ 誤表記

■ 名跡を継ぐ

■ 殺鼠剤はなんと読む?

■ ほう、日本も「中国」といわれた時代があったのか

■ 名字のルーツの一例

■ 日本の歴史をエネルギーの観点からみると面白い

■ 水戸黄門

■ ホケノ山

■ 大畑

■ 東京絶海孤島

■ 古代のノーベル賞的発明

■ 大江

■ 七曲署

■ 「半家」から「増毛」へ

■ 「愛」はあるが「恋」はない

■ 消えた地名「埋立」

■ 川口

■ 水根

■ 「あそ」ちゃん

■ 飯能市

■ 二字好字

■ アクセス人気の変遷

■ 災害地名

■ 昔は無かった

■ 名字の由来2

■ ノーベル医学生理学賞

■ 「杏」+「昌大」

■ 下手渡

■ 幕末の会津の戦いの背景

■ 深草ケナサ町

■ 結婚による名字の不変更

■ 電話帳検索

■ 群馬県館林の暑さは山形産

■ 浅見光彦ミステリー紀行 総集編U

■ よ〜しこさ〜ん

■ 違法人

■ 友だちづきあいは大事

■ 大国主命は日本を救う?

■ 厄介(やっかい)

■ 故郷を思う

■ 変則○丁目○番地○号

■ 【河北】

■ 【佐伯】はもてるのか?

■ 県名の変更

■ 名字はみんな持っているのか?

■ 一番数の多い地名

■ 後鳥羽伝説殺人事件

■ 五百川

■ 愛知県は日本を征す?

■ 「ざおうさん?」「ざおうざん?」

■ 現在を紐解く鍵は過去にあり?その逆もまた真也

■ 昭和まで生きた最後の殿様

■ 馬見ヶ崎川

■ 単身赴任は日本の文化?

■ 勘違いの地名三本勝負

■ 地名の「青」

■ 地名は生長する

■ 究極の合成地名

■ 嘘から出た真?

■ 興味津々

■ 【招又】

■ 湊と港の違い

■ 日常が当たり前

■ 行き着くところは「あべ」?

■ 「藤」族の名字

■ 【国主】

■ 地名の由来

■ 名字の由来

■ 西日本の名字は東日本の名字に比べて画数が少ないらしい

■ 当て字は日本の偉大なる文化

■ 「々」はなんと読む?

■ 名字の数と読み

■ 漢字三文字の地名には言われ有り 

■ 人の移動がもたらすもの

■ 名字が増えた理由

■ 誤解の地名

■ 悪党

■ 丁子

■ 「い」と「き」

■ 小樽殺人事件

■ 斎王の葬列

■ 「雪車」って読めるかな?

■ ニュージーランドの漢字表示

■ 山田

■ 「丁目

■ 名字の文字数 

■ 湯田川

■ 馬見ヶ崎川・馬見ケ崎(町)

■ 深郷田

■ 「小谷」はなんと読む?

■ 「長束」の由来地はどっちだ?

■  「こん一族」

■ キラキラネームは日本の遺伝子か?

■ 正直

■ 意外に当てにならないことも

■ 「追散」「去手呂」

■ ドラえもんに学ぶ日本の歴史

■ 那須与一は長男か?

■ 名字と家系や血統は分けて考える

■ 角川日本地名大辞典

■ 「そり」について考える

■ 名字を拾う

■ 「さいとう」さん

■ 「大」と「小」

■ 「山田太郎」について考える

■ 名字の増減

■ 「沢」と「谷」について考える

■ 島でもないのに島

■ NHKのアナウンスルーム

■ 東根作

■ 名字の名付け

■ 地名の数

■ 地名の由来

■ 甲斐沢&矢数

■ 「俵」−「イ」=「表」だが

■ 母壁

■ 名付けの仕方

■ 名字の地元性

■ 水戸黄門と山形の意外な関係

■ 方位を表す名字

■ 表記よりも音に注意2

■ 梅野木前

■ 苗字と名字

■ 人名・地名の漢字学

■ 桑田と清原の因縁

■ 表記よりも音に注意

■ 先祖と子孫

■ 昔の苗字は政治そのものだった

■ 安土桃山時代の桃山ってなんだ?

■ 砂糖元

■ 森井泉

■ 穴粟市って読めないよなぁ

■ 「へ」の由来

■ 結局漢字に行き着く

■ 東海林という地名検索に挑む

■ ライフワーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示