豊前国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧西海道。

# 現在の福岡県の東部と大分県の北部。

# 太閤検地での石高: 14万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。豊前国は38位。

# 豊国=豊かな国。

# 豊前の国の一の宮は全国八幡宮の総本社の宇佐神宮。

■ 宇佐郡(うさ): 旧豊前国。豊前国東端に位置する。東は豊後国国東(くにさき)・速見(はやみ)両郡、西は豊前国下毛(しもげ)郡、南は豊後国大分・玖珠(くす)両郡に接し、北は周防灘。南部は山地、北部は中津平野で、南部山地に発する恵良川・津房(つぶさ)川などを集めた駅館川が北部中央を北流して周防灘に注ぎ、他に東端を寄藻川が、西部を伊呂波川が、それぞれ北流して周防灘に注ぐ。全国八幡神の淵源である宇佐八幡宮の鎮座地で、歴史は古く豊かである。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示