阿波国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧南海道。

# 現在の徳島県

# 太閤検地での石高: 18万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。阿波国は43位。

# 阿波は昔は「粟」と書いた。

# 阿波国(あわのくに): 大化の改新前の粟国と長国の地域と考えられ、律令制下では、南海道に属する上国であった。「延喜式」国名は前身である粟国の国名に由来するものであるが、国内に粟を多く産したことに因むという。【角川日本地名大辞典】

■ 三好郡(みよし): 古代より阿波国にみられる郡名で三芳・三吉とも書いた。なお「新撰姓氏録」右京諸蕃下の条に「三善宿禰 百済国速古大王之後也」と見え、三善氏が百済国王の末裔である旨が記されており、郡名は三善氏にちなむと考えられているが、未詳。【角川日本地名大辞典】


# 続日本紀・文武天皇元年(697年): 閏12月7日: 播磨・備前・備中・周防・淡路・阿波・讃岐・伊予などの国に飢饉がおきたので、食料を与えた。また負税(出拳で借りた稲の返済すべき分)の取り立てをやめさせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示