備中国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧山陽道。

# 現在の岡山県の南西部。

# 太閤検地での石高: 18万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。備中国は26位。

# 備中の守護は細川氏

■ 浅口(あさくち): 備中国浅口郡。「あさ(崩壊地名)」+「ふち(縁)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 賀陽郡(かよう): 備中国の郡名。古くは「かや」ともいい、賀夜・加夜・賀屋などとも書いた。 


# 続日本紀・文武天皇元年(697年): 閏12月7日: 播磨・備前・備中・周防・淡路・阿波・讃岐・伊予などの国に飢饉がおきたので、食料を与えた。また負税(出拳で借りた稲の返済すべき分)の取り立てをやめさせた。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示