美濃国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧東山道。

# 現在の岐阜県の南部。

# 太閤検地での石高: 54万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。美濃国は15位。

# 美濃国は、古くは「三野」と書かれた。

# 美濃国の一宮は岐阜県垂井町の南宮神社。

# 室町時代の美濃国の守護は土岐氏、守護代は斎藤氏。
・ (斎藤)道三は美濃国の守護代の斎藤氏を追放して斎藤氏を称し、美濃国を掌握した。

# 美濃国
「みの(三野・三乃・美濃)」は「みののくにのみやつこ」や「みのこくぞう」と読む「美濃国造」の本拠地とされる「本巣市見延(みのべ)」に由来する。「みのべ」とは、「水辺(みのべ)」のこと。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 美濃(みの): 「み」は接頭語。「の」は「濃、野、奴、乃」で「野」のこと。「美濃」とは、「良い野原」のこと。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

# 美濃国(みののくに): 岐阜県。地名の由来は、各務野(かかみの)・青野・賀茂野(または大野)の3野あるゆえに三野と名づけられたとの説、真野(まぬ)の名義から転化したとの説、野は、大和の宇陀野、河内の交野(かたの)のごとく、禁野(天皇の狩野)の意で、天皇家の禁野があったので、美称して御野と称したとの説、道の左り(飛騨)・みぎり(美濃)の義とする説(南留別志)、美濃絹が上品であったので、ヨクコマヤカの義とする説、「万葉集」に「百小竹(ももしぬ)の三野(みぬ)王」とある「百小竹」は、三野の枕詞で、小竹はしなえの借訓で、しなえた多くの草でつくった簑から生じた地名とする説、小竹は文字どおり小竹(篠)で、篠の多く生えている三野であるとの説などがある。最近では、柳田国男が美濃・耳納・三納など、ミノと読む地名をあげ、これらは一方が山地で、わずかな高低のあることを意味した地名であるとし、島根県美濃郡、岡山県の三野県(みぬのあがた)などを例示した。当国本巣郡に美濃郷があり、本巣郡は、根尾(ねお)川両岸を占める山地丘陵地帯で、美濃国造の本拠とされているので、柳田説も捨てがたい。【角川日本地名大辞典】

■ 安八(あんぱち)郡: 「美濃国味蜂間(あはちま)郡」に由来する。「あはちま」は「泡(あわ)」+「ち(地)」+「ま(間)」が転じた物で、木曽三川が作った沖積平野の後背湿地を意味するが、「あわ」は「あば(暴)」が転じた物で、川の乱流を示すとも言われる。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 安八郡(あんぱちぐん): 古代より美濃国にみられた郡名。長良川・揖斐川・杭瀬(くいぜ)川などが南流。水利の便がよい反面、古来洪水の害が絶えず、河道変更のために郡界がたびたび変わった。水害対策としての輪中は有名。【角川日本地名大辞典】
・ 安八郡: 天武天皇元年六月壬午紀に「安八磨郡」(郡はのちの修飾か)とあるのが初見。大宝2年の御野国戸籍は「味蜂間郡」、「続日本紀」和銅元年3月条は「安八郡」と書くが、和銅2年7月の弘福寺田畠流記帳にも「味蜂間郡」とみえる。この2字郡名は和銅6年5月以降か。【角川日本地名大辞典】
・ 安八(あんぱち): 美濃国安八郡。古代の美濃国味蜂間(あはちま)郡で、「あはち」とは「荒廃した低湿地」を意味する。佳字により「安八」とした。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 揖斐(いび)郡: 「美濃国大野郡伊備郷」に由来し、明治30年に池田郡と大野郡の一部があわさって設立。「いび・えび(海老)」は川の湾曲を表す。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 恵那(えな)郡: 古代より美濃国にみられる郡名。古代では恵奈郡と書く。
・ 恵那(えな): 岐阜県恵那市。「飛騨」と同じに、「蝦夷(ひな)」の住む土地を示し、「ひな」が「えな」に転じた。ちなみに、長野県の「伊那(いな)」も同様。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 恵那市(えなし): 天照大神の「胞衣(えな=胎盤)」を納めた恵那地方で最も高い「恵那山」にちなむ。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 恵那山(えなさん): 胞(えな)山とも書き、遠山(とおやま)ともいう。山容が舟を伏せたのに似ているため俗に覆舟(ふなふせ)山という。中津川市と長野県下伊那(しもいな)郡阿智村との境にある山。【角川日本地名大辞典】

■ 可児(かに)郡: 「かに」は「かね(曲)」が訛ったもので、大きく曲がりくねった可児川を意味するといわれますが、また「はに(粘土・赤土)」が訛ったものともいわれます。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 可児(かに)郡: 古代より美濃の国にみられた郡名。郡名の由来は当地を開拓した可児氏にちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 武儀(むぎ)郡: 岐阜県(旧美濃国)にみられた郡名。「むぎ」は「むけ(剥)」から転じたもので、「剥かれるような浸食地形」を表す。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 席田(むしろだ)郡: 美濃国にあった郡名。「席田」は律令制による地方支配のため、尾張国からこの地に移り住んだ新羅系の渡来人の「席田君邇近(むしろだのきみじこん)」の名に由来する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】 

最終更新日 2017/01/23
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示