相模国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧東海道。

# 太閤検地での石高: 19万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。相模国は18位。

# 「和名抄」の訓は佐加三。

# 「古事記」」では相武国(佐賀牟)。

# 身狭(むさ)の国に由来し、「身狭上」が「さがみ」に、「身狭下」が「むさし」になった。

# 相模国(さがみのくに): 「和名抄」の訓は佐加三。「古事記」は相武国に作り、訓を佐賀牟とする。国名の由来については、もと身狭(むさ)の国と称していたのを、身狭上・身狭下に分け、前者が「さがみ」、後者が「むさし」となった。駿河・相模・武蔵の地を総称して佐斯(さし)の国と称していたのを、上・下に分け、佐斯上(さしがみ)が「さがみ」、佐斯下(さししも)が「むさし」になった。安房・上総・下総を含めて総(ふさ)の国と称した地の一部が「ふさがみ」「ふさしも」に分かれ、前者の「ふさがみ」が転訛した、御坂上・御坂下が「さがみ」「むさし」に転訛したなど、諸説がある。【角川日本地名大辞典】

# 相模国の二宮: 神奈川県二宮町の川匂神社。

■ 愛甲(あいこう)郡: 神奈川県。古代より相模国に見られた郡名。郡名は本来「あゆかわ」で、のち転訛して「あいこう」となったものという。【角川日本地名大辞典】

■ 鎌倉(かまくら)郡: 古代より相模国にみられた郡名。「和名抄」の訓は「加末久良」。「古事記」景行天皇の巻に「鎌倉之別」が見え、これがのちに郡名となったものか。なお「カマ」は洞穴、「クラ」は岩の意という。【角川日本地名大辞典】

■ 高座(こうざ)郡: 神奈川県高座郡。古代より相模国にみられる郡名。「延喜式」「和名抄」は「たかくら」とし、「日本書紀」天武紀では高倉郡とする。戦国期の小田原北条氏治下では東郡とも称した。【角川日本地名大辞典】

■ 三浦(みうら)郡: 古代から現在にかけて相模国(神奈川県)にみられる郡名。古くは御浦と書いた。古くは「古事記」に見られる日本武尊の東征伝説、中世では三浦氏一族の所領として、また近世ではペリー来航などでよく知られている。古代から海上交通の要衝である。律令制下では相模国八郡の1つ。平安後期以来、相模国でも武士団の成長が顕著だが、なかでも最も有名な家の1つである三浦氏は当郡を中心に、西は相模中央部、東は房総半島までその勢力範囲をひろげていた。【角川日本地名大辞典】

■ 余綾・淘綾(ゆるき)郡: 神奈川県。
・ 淘綾郡(ゆるき): 神奈川県。古代より相模国の南部にみられた郡名。古くは余綾と書き、「和名抄」の訓は与呂岐。「万葉集」東歌も余呂伎とする。「よろき」=「ゆるき」で、風波で砂がゆり上げられた地、あるいは地層隆起で大地がゆり上げられた所という。【角川日本地名大辞典】
# 礒長郷(しながのごう): 神奈川県。平安時代に相模国にみられた郷名。「和名抄」相模国余綾(よろき)郡七郷の1つ。当郷は「旧事本紀」巻10の国造本紀に、「師長国造 志賀高穴穂朝御世、茨城国造祖建許呂命児宮富鷲意弥命定賜国造」と見える。師長国造の治所である。「新編相模」によれば、古く相模の国は相模・師長の2国に分かれ北方山間地を左加牟といい、南方磯辺の地を礒長と称したという。川勾神社(二宮)の祭神の1つに級長津彦(しながつひこ)命があり、国造の氏神とみられていることから、当郷の比定地は同神社のある現在の二宮町山西付近と考えられる。なお「地名辞書」は、当郷は同郡霜見郷の西、中村郷の南にあたるといい、二宮町山西に隣接する小田原市山西・前川・小船・羽根尾・沼代・小竹・国府津(こうづ)などの瀕海地域と考えており、「地理志料」も同様に推定している。【角川日本地名大辞典】
# 幡多野郷: 神奈川県秦野市。平安時代に相模国余綾(よろき)郡にみられた郷名。高山寺本は「幡多野」、東急本は「幡多」と記す。古代における当郷域は、現在の秦野市のほぼ全域と推定される。【角川日本地名大辞典】


# 平安時代後半には、相模国(神奈川県)には、三浦家、土肥家、大庭家などが栄えていた。 

# 続日本紀・大宝元年(701年): 8月21日: 参河(みかわ)・遠江・相模・近江・信濃・越前・佐度・但馬・伯耆・出雲・備前・安芸・周防・長門・紀伊・讃岐・伊予の十七カ国にイナゴの発生があり、大風が吹き人民の家屋が損壊し、秋の収穫に被害が出た。

最終更新日 2017/03/22
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示