下野国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧東山道。

# 現在の栃木県

# 太閤検地での石高: 37万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。下野国は16位。

# 古代の毛野国(つけのくに)が「上毛野国」「下毛野国」に分かれた。

# 毛野国は禾(け・稲)がとれる国を意味する。毛は草木のことで、作物がよくなる野。

# 「毛野」とは、「北関東の火山群の火山性扇状地・火山灰台地を、「△型火山(ケ)が作った野」と総称した古地名。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

※ あくまでも現代の所感では栃木も群馬も稲作よりも畑作のイメージが強いが、昔は違ったのか?

# 下野国: 上野国の通称が上州なので、下野国は下州かと思ったら「野州(やしゅう)」

■ 寒川(さむかわ)郡: 栃木県。下野国にみられた郡名で、中世は寒河郡とも書いた。平安末期に思川東岸の地域は寒河御厨となり、中世以降は思川西岸の地域が寒川郡となった。【角川日本地名大辞典】

■ 塩谷(しおや)郡: 下野国の郡名。奈良・平安期の表記は塩屋で、中世以降は塩谷が一般的となったと思われる。また、近世までは「しおのや」とも読んだ。【角川日本地名大辞典】

■ 都賀(つが)郡: 下野国にみられた郡名。地名は常緑針葉樹の栂(つが)に由来すると思われる。当郡には古代から中世に下野国府があり、国府郡とも称された。【角川日本地名大辞典】

■ 那須(なす)郡: 栃木県(旧下野国)の郡名。

■ 結城(ゆうき)郡: 栃木県。古代より下野国にみられた郡名。「和名抄」に「結城〈由不岐〉」と見える。郡名の由来について「古語拾遺」は穀木(かじのき)がよく生育する地であったことによるとする。穀木とは「和名抄」に楮と同じと見え、この木の皮を剥ぎ、繊維を蒸して水に浸し、細かく裂いて糸としたものを木綿(ゆう)といったから、ゆふの木が自生するに適した地という意味でユフキといったのであろう。平安末期、寿永2年に志田義広の乱が起こると、小山政光の第3子朝光は源頼朝に従って戦い、乱平定後その功により結城郡を与えられ、結城朝光と名乗った。
・ 下野国寒河郡の寒河氏、寒河郡網戸郷の網戸氏、大内荘の大内氏はいずれも結城氏の一族である。【角川日本地名大辞典】


# 続日本紀・文武天皇2年(698年): 7月17日: 下野・備前二国が赤烏を、伊予国が白なまり(錫と鉛の合金)を献じた。

# 続日本紀・文武天皇3年(699年): 3月4日: 下野国が雌黄(黄色の顔料)を献じた。

最終更新日 2017/01/06
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示