出羽国
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 旧東山道。

# 太閤検地での石高: 32万石。【戦国大名県別国盗り物語 八幡和郎 PHP文庫】

# 延喜式による国力順位(納税額による)【本当は面白い「日本中世史」 八幡和郎】。出羽国は17位。

# 現在の秋田県のほとんどと山形県

# 出羽国仙北三郡: 山本郡、平鹿郡、雄勝郡。

# 708年に越後国に出羽郡が置かれたのがルーツ。712年に出羽国に昇格し、716年に陸奥国から置賜郡(山形県置賜地方・米沢市周辺)と最上郡(山形県村山地方南部・今の最上郡とは異なる)を割譲。仁和2年(886年)、最上郡は最上郡と村山郡に分離。1869年に「羽前(山形県)」と「羽後(秋田県)」に分割される。

# 出羽国は「いではのくに」。越の国から羽のように飛び出た地域を意味する。

# 11郡71郷。 

■ 秋田郡(あきた): 出羽国(秋田県)にあった郡名。齶田・穐田とも書く。文治5年源頼朝は秋田郡地頭職に伊予国出身の御家人公業(きんなり)を補任。公業は小鹿島地頭職も兼帯し、小鹿島氏を名乗る。秋田氏を名乗らなかったのは、秋田城介との関係からであろう。【角川日本地名大辞典】

■ 仙北郡(せんぼく): 出羽国(秋田県)の郡名。「せんぽく」ともいう。

■ 由利郡(ゆり): 出羽国(秋田県)の郡名。由理・油利・油梨・遊里・百合とも書く。11世紀の国策による中世的郡郷制編成時に成立した郡であり、平泉藤原氏の郎従由利維平として名高い由利氏が由利郡郡司職に任命された開発領主とみられる。

■ 最上郡【最上郡の詳細
・ 現在は山形県最上郡: 新庄市を中心に1市4町3村。
・ 最上は最上川に由来し、「奥の最高地から流れてくる川」の意味。また、「藻が湖説」もある。
・ 古代から中世にかけては、今の村山地方中部を中心とした地域をさした。
・ 当初は陸奥国に属し、「裳上郡」とも書いた。
・ 続日本紀によると、712年に置賜郡とともに陸奥国から出羽国に割譲され、歴史上初めて「最上郡」が文献上に表れた。716年に再度陸奥国として表れているが、後に出羽国に移管。
・ 886年に最上郡が二分割され、「北は村山郡」「南は最上郡」となったが、太閤検地のころ、南北2郡の名称が入れ替えられ、北が最上郡、南が村山郡となる。
# 最上郷(もがみのごう): 平安時代に出羽国最上郡、現在の山形県山形市周辺にみられた郷名。傍証として「最上家系譜」にある「出羽最上郡山形のに城を築き、同年8月6日最上に至り、山形之城に存す」という史料をあげることができる。山形之城のある地域が、最上と意識されていたのである。馬見ケ崎(まみがさき)川扇状地帯に位置し、北は那可郷に接し、西を須川、南を馬見ケ崎川扇状地南部、東を奥羽山脈で区切られる地域である。当郷は最上郡の中心的な郷として、最上郡衙・最上駅も設置されていた。【角川日本地名大辞典】
# 今の村山郡と最上郡は逆だった

■ 村山郡【村山郡の詳細
・ 村山の語原は群山(むれやま)。
・ 村山郡の郡衙は東根市郡山にあった。
・ 村山郡: 明治元年には35町424村36万4572石。明治10年いは37町402村、戸数42245、25万818人。
・ 「寒河江荘」「小田島荘」はどちらも摂関家領だった。地頭はそれぞれ大江氏と中条(小田嶋)氏。

■ 置賜郡
・ 現在は山形県内陸南部。
・ 続日本記(712年)に陸奥国置賜郡の表記がある。出羽国ではなかったんだね。
・ 国が陸奥に郡を配置した時の佳称で、「おきかわる」という意味。原意は「浮溜ま(うきたま)」で湿地のこと。
・ 「うきたむ」は日本書紀に出てくる、置賜の古地名。
# 出羽国置賜郡は和名抄では「最賜」、延喜式・続日本紀では「置賜」と書いた。
# 読みは、和名抄の刊本・於伊太三・延喜式では「おいたむ」、「節用集」文明本では「おいたま」、新撰類聚往来では「をくたん」、「色葉字類抄」前田本では「おいたみ」。他には、置民郡(おいたみ)、大板目(おいため)とも書いた。
# 置賜郡は、古代から中世は置賜(おいたみ)郡、以後は「おきたま」読み。
# 福島市に福島県福島市置賜町がある。
# 平安時代置賜郡は越後とつよい関係があった。
# 伊達郡を本貫とする伊達家は南北朝時代に出羽国置賜郡を手に入れた。
# 宮城郷(みやぎのごう): 平安時代に出羽国置賜郡にみられた郷名で、「和名抄」にいう置賜郡七郷の1つ。当郷域は米沢盆地の中央部、現在の米沢市の西半分および川西町東部、高畠町大字糠野目の一帯に比定されると考えられる。平安後期、行政単位としての当郷は消滅し、中世には当郷域を中心として成島荘が形成された。【角川日本地名大辞典】
・ 置賜(おいたま): 山形県東置賜(おきたま)郡高畠町置賜(おいたま)駅。「おい(追)」+「たま(山頂)」で、山頂に向かって徐々に開拓されていったという地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
※ 普通は「うきたむ」説ですが、ちょっと違いますね。

■ 田川郡(たがわ): 出羽国にみられた郡名。北は飽海郡、東は最上・村山郡、南は新潟県に接し、西は日本海に面する。「和名抄」刊本には「多加波」と見える。郡域は現在の鶴岡市・櫛引町に及び、温海町をも含んだものと思われる。「延喜式神名帳」によれば、伊?波神社が田川郡に鎮座しており、この伊?波神社が現在の羽黒神社であることから、羽黒町をも含んだものかと思われる。出羽郡と当郡との境界は未詳であるが、現在の鶴岡市がほぼ当郡に属したものと思われる。
戦国期から近世初期にかけて庄内三郡(遊佐・櫛引・田川)と称した頃は、庄内平野の南西部にあたり、北は最上川をはさんで遊佐郡、南は越後国岩船郡(新潟県)、東は櫛引郡、西は日本海に接した。【角川日本地名大辞典】
・ 田川郡: 建郡は未詳。天武天皇11年4月、越蝦夷伊高岐那らが俘人70戸を請うて、一郡を建てようと願い出てこれを許されている。

■ 櫛引郡(くしびき): 戦国時代から寛文4年に出羽国にみられた郡名。櫛挽郡とも書いた。寛文4年幕命により櫛引郡は廃止され当郡域は田川郡に包括された。

■ 飽海郡(あくみ): 出羽国にみられた郡名。「和名抄」刊本には「阿久三」と見え、文禄4年12月2日の坂蔵杢大夫旦那売券には「出羽国庄内、多川郡・ア久ミ郡」と見える。一時遊佐郡と称したが、寛文4年幕府の指示により庄内3郡(遊佐・櫛引・田川)を2郡(飽海・田川)に改め、遊佐郡が飽海郡の称に復した。【角川日本地名大辞典】

■ 遊佐郡(ゆざ): 戦国時代から寛文4年に出羽国にみられた郡名。古代から中世には飽海郡と称していたが、戦国期に至り武藤氏が庄内をほぼ平定する間に私的な呼称として遊佐郡の名称が発生し、それが公式にも認められるようになったものと思われる。当郡では天正18年および文禄3年に行われた太閤検地により正式に遊佐郡の名称が確定したものと思われ、慶長3年上杉景勝が会津に移封する際の領知目録に「一、四万六千二百四十三石九斗七升四合八 遊佐郡」と見え、遊佐郡の名称と総石高が確定している。当郡は慶長6年最上氏領となったが、慶長17年10月18日の日付を有する大物忌神社棟札に「三庄遊佐郷飽海郡吹浦之也」とあり、飽海郡の名称も伝統的に使用されている。寛文4年幕命により飽海郡と旧称に復した。【角川日本地名大辞典】

■ 豊島郡(としま): 戦国時代から寛文4年まで出羽国にみられた郡名。戸島とも書く。
戦国期に豊島城に拠って豊島氏を名乗り、岩見川流域一帯と雄物(おもの)川下流部をおさえた、畠山氏の勢力範囲を豊島郡と称したという。戦国末期に当地方を掌握し秋田郡に組み入れた秋田氏は、この地域を「秋田郡内豊島庄」と称し、管轄のために豊島城に送り込んだ一族・代官をして豊島氏の名跡をつがせている。【角川日本地名大辞典】


# 出羽柵
・ 柵への移民を「柵戸(きのへ)」と言った。
・ 716年に中納言の巨勢麻呂は、「出羽国を建ててから数年たったが、吏民もすくなく、狄徒(てきと)もまだなれしたしまない。その地は肥えて、田野は広大である。願わくば、近隣の国民を移住させ、蝦夷を教諭して、あわせて地利をひらかせたい。」と朝廷に言上し、許されている。【日本の中の朝鮮文化(12)陸奥・出羽ほか 金達寿 講談社】

# 続日本紀の和銅7年条(714年)に、尾張・上野・信濃・越後などの民200戸を出羽の柵戸(きのへ)へ移した。

# 元禄7年 甲戌  5月27日: 秋田地震。死者394、怪我人198、死馬13疋、家の被害2517軒。【朝日文左衛門「鸚鵡籠中記」 加賀樹柴朗 雄山閣】

最終更新日 2017/04/25
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示