蝦夷地
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 旧国名と地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2014/10/24:改編】

# 蝦夷地はいわゆる旧国名とは異なりますがとりあえず。

# 現在の北海道

# 蝦夷地が北海道と呼ばれるようになったのは明治2年。

# 蝦夷という表記は七世紀から用いられ、「エゾ」という呼び方は平安時代からみられる。

# 蝦夷地の日本人(和人)の人口は江戸時代末期に約6万人。アイヌ民族は約2万人。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

# 蝦夷地(えぞち): 北海道を指す広域称。時代によりその範域は異なるが、近世には一般的に北海道を指し、夷地・狄地とも称した。厳密には北海道南部の和人地(松前地・シャモ地とも)以北をいい、樺太(からふと)(サハリン)および南千島も含んだ。蝦夷地の南限は時代により変動したが、松前藩は蝦夷地を和人地から厳格に区分、境界に番所を設けて和人の蝦夷地への定住、アイヌと和人百姓との直接交易を固く禁じた。【角川日本地名大辞典】

最終更新日 2016/10/14
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示